Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バブル時代の回顧

1980年代から1990年代のバブル時代の事を書いて行きます

バブル時代前のミュージックテープの進化 オメガドライブのミュージックテープ Gカセット

   


まだCDディスクが広まる前の80年代後半

アイドルやミュージシャンのアルバム曲は

10曲前後が入った約46分のLPレコードと

オーディオーが無い人の為や?車のカーオーディオで聴く人の為に

LPレコードと同じ内容のミュージックテープが発売されてた

このミュージックテープ、当時はLPより小さいし

詩が書かれた物もLPは大きな写真入りパンフレットみたいな物なのに

ミュージックテープは詩だけ書かれた小さな紙で

大体LPレコードを買った人はいちいちレコードプレーヤーに掛けるのが

面倒なのでまずは1番いい状態で録音するから簡単に出来てしまうし

スポンサード リンク

さらにお気に入りのアーティスト等なら

メタルやクロームなどのいいテープで録るし

ミュージックテープはそんないい物には見えなかったから

それでいてLPレコードと全く同じ値段なら

損した気分に個人的にはなった、

昔はLPレコードの大きなジャケットを飾ったりする事も出来たし

昔は大きい事はいいことだの時代だったから

だから1度もミュージックテープは買った事はなかったけど

1988年4月6日に発売されたそれまでの1986オメガドライブから

カルロストシキ&オメガドライブにグループ名を一新し

通算3枚目のアルバム「DOWNTOWNMISTERY」は欲しいと思った

というのはこの曲は同名のシングル曲のレコードがまず発売され

両面とも同じ「DOWNTOWNMISTERY」だが

2つの違うパターンの録音?がされ

当時出たばかりのサラウンドのようなナイトタイムバージョンと

リズムを強調したデイライトバージョンが収録されていた

どちらも聞いたが確かに微妙に違っていた

そしてアルバムにはLPレコードとCDはナイトタイムバージョン

スポンサード リンク

ミュージックテープのみデイライトバージョンだった

LPレコードはレンタルレコードで当時借れたし

CDは中古で良く出回っていたのでナイトタイムバージョンは聞くことが出来たが

ミュージックテープはあまり売れなかったしすぐCD化も進んでいたことで

なかなか出回らなかったがようやくヤフオクで手に入れる事が出来た

杉山清貴&オメガドライブ時代からイメージに凝ったジャケットだった

音も当時にしては海や夜景に合うムードのある音楽だ

30年以上振り聴き比べると最近のカーオーディオだが性能がいいのか

あまりわからなかった

1984年にGカセットいうのも登場した

カセットケースがワンタッチで開く事や

カセットがシースルーになったり

カセットケースに多目的スペースが出来

歌詞カードや写真集が収納できた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 80年代, バブル時代