80年代の流行店

80年代に流行った健康ランド、今は無き尼崎アーバンリゾートクラブ 震災時を助けたが

投稿日:2018年9月17日 更新日:


80年代にバブル景気に盛り上がった日本がバブル崩壊にようやく気づき始めた頃

1995年1月にあの阪神・淡路大震災が神戸を襲った

80年代から車の免許を取り憧れてよく行った

神戸の街の崩壊がテレビに写し出されたがそれが信じられなくて

交通網の遮断された国道2号線を大阪から自転車で見に行った

その時に往路で尼崎付近で見た国道2号線沿いに立つアーバンリゾートクラブ

温泉があり80年代に続々と出来た健康ランドで

60年代に流行ったもはや古くなりつあったヘルスセンターに成り代わった物で

遊園地や劇場プール、ボーリング場など何でもありだったヘルスセンターの

無駄な部分を排除し温泉を中心とした健康中心の施設だ

この付近までは地震の影響は無かったので車で来る事が出来たので

(武庫川を超えると地震で悲惨な状態だった)

1度両親を連れて行ってみたら、タオルも、バスタオルも休憩時の服も貸してくれ

手ぶらで行け、様々な種類の温泉に何度も入れ、寝ながら見れる映画室など

当時はまだ珍しかった1日ゆったりと過ごせる24時間営業の施設だったので

自分の健康ランド巡りのマイブームのきっかけともなった

震災の被害も無かったのでガス、電気、水道のライフラインがストップし

お風呂に入れなかった近隣の被災者はとてもありがたかったみたいだ

国道2号線沿いに大きな建物が建つが前は大きな駐車場があるので

国道からは遠くに見える

当初は名前と外観からして会員制かなと思ったが誰でも入れる

当時の健康ランドとしては変わった外観だった

当時は温泉と言えば田舎の広い土地で都会から遠かったが

ここは確かに都会の中の天然温泉で手軽で行きやすかった

(1988年頃の広告では大人1900円となっている)

料金は1日2000円と温泉に入るのに今では高く感じるが

まだスーパー銭湯もない時代で銭湯と言えば町の時代遅れの

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

古い狭い銭湯しかなかったのでこの値段も少し優雅に感じた

1日ゆっくりできて2000円は安いとも感じたし

近くの尼崎駅前にあまゆハウスという健康ランドもあったが

当初はあそこは温泉で無かったので

うちはあそことは違って本物の天然温泉だと温泉を強調し

ライバル視していた、その後あまゆハウスも温泉が出たが

温泉の種類や施設はこちらの方が良かった

スポンサード リンク

1370メートルの地下深くから湧き出た天然温泉で

温泉で無かった頃のあまゆハウスと入り比べたが確かに後の温もりは全然違った

ナトリウム塩化物高温泉で54.3° 毎分500リットル、1日当たり720トン

ここが良かったのは温泉の種類が多かった事(当時としては)

ラドン温泉、トロン温泉、バイブラバス、ジャグジーバス、バイブラバス

ミストバス、打たせ湯、白湯など13種類のおふろ

露天風呂は有馬の湯のような金泉だった

当初は歯ブラシ、ヒゲソリは浴場にたくさん置いてあって取り放題だったが

余分に持って帰る人が多かったのか途中から受付で1人1個になった

スポンサード リンク

レストランも広く美味しく、先ずは昼前に来てひと風呂浴びて

昼食で一杯やりまた風呂に入って寝転びながら映画を見ながら寝て

寒くなったらまた風呂と1日ゆったり過ごした、

1998年には元巨人の杉内俊哉選手が夏の甲子園に出場した

鹿児島実業時の休憩?に来てたのか歓迎のボードがあった

気にいって当初は回数券も買って毎週来てたりもしたが

よりいい大きな施設の岸和田市の泉州リバティの方が気に入り

バブル時代に開業した巨大健康ランド、スパリゾートリバティ岸和田が閉館 24年の歴史に幕

自分も段々遠ざかっていたが

2000年のゴールデンウィークの真っ最中に久々行くと

5月半ばで閉店すると受付に書かれていた

それも1ヶ月前の突然の告知だった、

回数券の払い戻しも大慌てでやっていた

確かにこれ以降の数年後はより安いスーパー銭湯に客を取られれ

健康ランドが次々と廃業していくのだがまだまだ流行っていた頃だったのに

先を見越してのことだったのか突然の廃業だった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます パワートロンDXでの入浴法のデトックス(解毒)作用とは マイナスイオンの作用とぶくぶく出る気泡の攪拌作用により 毛穴の皮脂腺から通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それは単にスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

  スポンサード リンク

-80年代の流行店

執筆者:


  1. 雲のジュウザ より:

    「アーバンリゾート」は石亭開発(株)のグループで、私も同グループの社員だったので、よく遊びに行ってました。
    懐かしいな。

    • バブルは良かった より:

      自分の健康ランド巡りの始まりがここに行った事でした
      突然の閉店はなぜだったんでしょう

バブルは良かった にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1980年代にあった新御堂筋沿い北摂エリアのお洒落なカフェレストラン 楡の木 ハローズ 

自分が車の免許を取った1984年頃 当時は学校が新大阪にありその横をすぐ通る新御堂筋は 高速道路のように信号も無く走りやすかったのでよく走った 大阪府の北摂エリアその新御堂筋沿いには 当時としてはお洒 …

バブル時代の男の夢が淡路島の迷惑スポットに、廃墟で倒壊の危機の日本一高い世界平和大観音像

兵庫県淡路島の東浦町にある有名な迷惑スポットを見に行く 淡路島の海岸線を走っていると超巨大な観音像の廃墟が現れる 自分の手持ちの1990年発行の兵庫県の観光の本に載っていて 世界平和大観音像とあり 1 …

バブル時代の終焉、人が消え廃墟の街となった清里の今を訪ねてみた 山梨県

1970年代からバブル時代にかけて高原の原宿と呼ばれ メルヘンでファンシーな建物のショップや 有名タレントショップが立ち並び 人と車でごった返していたリゾート観光地の山梨県の清里 この方の動画撮影した …

80年代に憧れた高価だった光るナンバーのCM

自分が免許取得当時の1984年頃は 車に光るナンバープレートを付けるのに3万円くらい必要だった 初任給が10万円当時だから結構高価な物だった 元々ほとんど無料で手に入るナンバープレートに わざわざ余分 …

1980年代に大阪府の箕面にあったお洒落だったカフェレストラン サンタモニカ ウェストウッド

自分が車の免許を取った1980年代半ば当時 大阪府の北摂エリア、箕面市の新御堂筋沿いには お洒落なカフェレストランがたくさん存在し 1980年から1990年代前半のバブル時代にかけて当時はよく通った …




[instagram-feed]