Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バブルの華やかさは夢の跡になった九十九湾グランドホテル 石川県

      2018/07/26


石川県の内浦町にある九十九湾は大小の入江が99も複雑に入り込んでいる

リアス式海岸で知られていてその波静かな湾内は

日本百景に数えられるほどの景勝地で

能登九十九湾遊覧船は30分かけてぐるっと湾内を1周してくれる

海水は澄んでいてその船の船底はグラスボードになっていて

優雅に泳ぐ魚たちのが見られる

晴れた日には立山連邦が見えることもあり

そんな美しい九十九湾を眼前に望むことが出来た

観光ホテル、九十九湾グランドホテル

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

名称からして昭和の高度経済成長時代のレジャーブームに出来た感じっぽいが

この素晴らしいロケーションを活かして

夜の食事は名物の屋形船に乗り、九十九湾上で味わえるという豪華な物だった

九十九湾の夜に浮かぶ今宵のステージを盛り上げる四艘の屋形船が

鬼面太鼓の高鳴りと共に波静かな水面を渡っていく

料理はもちろん海の幸が中心で蟹、活け造り、アワビ

 

いかそーめん お酒は能登の地酒

屋形船で採れたてのいかや魚を焼いてアツアツを食べ

スポンサード リンク

さらに海上より現れる浮舞台にて鬼面太鼓の実演も行われ

係留する屋形船より鑑賞出来た

九十九湾を望む客室からは波穏やかな小さな島々や

遠く立山連邦も望むことが出来た

お風呂も、打たせ湯や泡風呂、バイブラ、サウナなど

鉄筋3階建てで40室 250名の収容だからそう大きなホテルではないが

九十九湾グランドホテルは

とにかくユニークな趣向で楽しませてくれた宿だったようだ

そんな豪華絢爛の九十九湾グランドホテルだったが

今検索してもヒットしない

航空写真では確認出来るが前の道にはゴミらしき物が散財し

そこに行く1本道も林のようになっているように見える

ある新聞記事によると十数年前に廃業し夢の跡になった

しかし所有者の町出身者が

敷地の約4200平方メートルの土地と建物を町に寄付し

その跡地を改修し新たに金沢大学が研究施設として活用するようだ

華やかできらびやかだった九十九湾グランドホテルは

今後は夜になってもきらびやかになる事無く静かに利用される

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - バブル時代の夢の跡