バブル崩壊で阿倍野再開発事業の裏でシャッター通りの高層マンションアーケード

      2018/09/02


1976年(昭和51年)に着工された阿倍野再開発事業

華やかなあべのハルカスの裏で苦戦し次第に見捨てられて行き

寂れるままの商業施設が阿倍野の西側地域にあるとニュースでやっていたので

どうなってるのか見に行ってみた

西側地域はかつて阿倍野銀座など古い商店街があったが全て取り壊され

現在はあべのキューズモールとして大きな商業施設として振るわっているが

問題はその裏のマンションアーケードのようであべのキューズモールを抜けると

大通りを渡る

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

あべのポンテというマンションの下にアーケードがある

横にもお洒落な形のテナントがあるようだが

店舗の案内があるがこの広さにしては少ない店舗

あべのマルシェ、いかにも90年代後半にできたような

屋根付きのアーチを描いたアーケードは1995年建設らしい

バブルはじけていたがまだまだ綺麗な店で店舗営業してみたいと人がいた希望の時代だ

さらにバブル時代の土地買収だったのでかなり市は赤字を出しているというので

これ以上お金を投入して手を加えることは難しいかも

綺麗で歩きやすいが開いてる店舗は少なく静かなシャッター通りになっている

一応ホームページもあるみたいだが

http://marche.pupu.jp/

スポンサード リンク

人気もなく静かに靴音が響き女性1人だと昼間でも怖いかも、

時折開いてる店があるがスケーボーが出来そうだ、まあバリアフリー用だろうけど

ここが一応中央広場らしい、階段は道路に出る階段

とにかく西へ歩いて行く

途中奥に入れる路地があった

入ってみるがシャッター街だった

100mくらいのアーケードだったがこの状態では営業店舗は厳しいかも

まあマンションの住民として住むなら立地はいいかもしれないが

でもこの人の少なさは怖いな(^_^;)

通りを渡るとさらに薄暗い昭和な商店街、新開筋商店街が

昭和レトロな商店街 大阪市西成区新開筋商店街は昭和で時が止まったまま?

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - バブル時代の夢の跡 大阪府