バブル時代の夢の跡の巨大廃墟ホテルは1度も開業すること無く 岡山王子が岳

      2018/06/09


岡山県玉野市の王子が岳でクラシックデイズという

車のイベントを見学に行って

http://classic-days.jp/

せっかく来たから

周辺を散策していると丘の上に休憩所のような建物があった

バルコニーに出られも屋上にも上がれる

王子が岳のここにはケーブルカーがあったらしく

この建物は乗り場だったようだもうそれは取り壊されて

ここはレストハウスとしてのみ使われている

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

自動販売機や椅子、テーブルがあるだけで何も無い

トイレもあり綺麗だ、たまにハイカーがやってくる

自由に出入り出来バルコニーに出られし屋上にも上がれる

IMG_4312

海の綺麗な景色は眺められる、ほとんど人は居ないので静かだ

IMG_4314

すぐ近くには巨大で立派なホテルが見えた

IMG_4318

スポンサード リンク

しかし電気は消えているし人気は無いみたいなので

どんなホテルか見に行ってみるIMG_4317

でも営業している様子が無くフェンスで囲まれているから廃墟のようだ

もう営業を止めてしまったのか?

かなり大きく洒落たホテルだが周りに何も無く静かに佇んでいる

IMG_4325

後で調べると

王子アルカディアリゾートホテルと言って

1980年代のバブル期に

この王子が岳辺りを一大リゾート地にしようと計画された

いかにもバブル時代の好景気ににあちこちの地方で良く計画された話だ

その後バブルが崩壊し結局1度も開業することもなく

1993年から20年以上放置され廃墟になったらしい

まあこの手の話もバブル崩壊後は全国に良くあった話だが

建設費なども相当な物だろう、まあ多分会社は倒産してるだろうけど

せっかく立派なホテルなのに勿体無い

これだけ放置期間が長いともう使えないだろうから

このままずっと手もつけられずに自然のオブジェとなってしまうのか

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - バブル時代の夢の跡, 廃墟