Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

80年代のCMの裏話 ウエラ ダンシングシャンプー

      2018/06/06


1985年放映ののウエラの新しいシャンプー

ダンシングというCM

ダンシングと言う名前の通り

眩しい太陽の中で緑の芝生の下で5人の水着姿の金髪ギャルが

元気いっぱいにサンルーフ・ワゴンのワーゲンバスを洗車?しながら

涼しそうにキャッキャッと水浴びしたり飛び跳ねたり

ホースでリンボーダンスをしたりバック転したり

元気いっぱいの少女たちの真夏の1シーンを描いたものだが

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

ロケ地はハワイ島でこのロケが行われたのは1985年の6月

5人の少女と一匹の犬、

スタントの女の子はハワイ島でオーディションして集めた

14歳から19歳の学生はハワイのモデルっ子達

ワーゲンバスも現地ハワイ物、

若くて元気いっぱいな少女達で楽しそうな

スポンサード リンク

いいコマーシャルが作れたようだが

それだけにスッタフも

ロケの前後や休憩になるとフリスビーや野球をせがまれて

汗まみれで付き合わされ、かなり疲れたらしい

でも結果として彼女たちの緊張をほぐす事ができ

明るくイキイキとしたいいCMをつくる目的が達成された

しかしこのロケの1番の苦労はワーゲンの屋根に乗った可愛いワンコ

水を浴びたこの犬がワーゲンの屋根の上で

ブルブルと水を跳ね飛ばすというシーンが

反射板の光に怯えて逃げ出してしまい中断して

スタッフ、モデルが総掛かりで鬼ごっこして大騒ぎだったようだ

当時何気なく見てたたった十数秒のCMも裏話を聞くと面白い

でもこんな女の子や犬と楽しく仕事出来て羨ましい

なおウエラというメーカーはアメリカの香水メーカーだが

日本ではウエラジャパンとして製造販売していた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 80年代