80年代のCMの裏話 ウエラ ダンシングシャンプー

      2018/06/06


1985年放映ののウエラの新しいシャンプー

ダンシングというCM

ダンシングと言う名前の通り

眩しい太陽の中で緑の芝生の下で5人の水着姿の金髪ギャルが

元気いっぱいにサンルーフ・ワゴンのワーゲンバスを洗車?しながら

涼しそうにキャッキャッと水浴びしたり飛び跳ねたり

ホースでリンボーダンスをしたりバック転したり

元気いっぱいの少女たちの真夏の1シーンを描いたものだが

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

ロケ地はハワイ島でこのロケが行われたのは1985年の6月

5人の少女と一匹の犬、

スタントの女の子はハワイ島でオーディションして集めた

14歳から19歳の学生はハワイのモデルっ子達

ワーゲンバスも現地ハワイ物、

若くて元気いっぱいな少女達で楽しそうな

スポンサード リンク

いいコマーシャルが作れたようだが

それだけにスッタフも

ロケの前後や休憩になるとフリスビーや野球をせがまれて

汗まみれで付き合わされ、かなり疲れたらしい

でも結果として彼女たちの緊張をほぐす事ができ

明るくイキイキとしたいいCMをつくる目的が達成された

しかしこのロケの1番の苦労はワーゲンの屋根に乗った可愛いワンコ

水を浴びたこの犬がワーゲンの屋根の上で

ブルブルと水を跳ね飛ばすというシーンが

反射板の光に怯えて逃げ出してしまい中断して

スタッフ、モデルが総掛かりで鬼ごっこして大騒ぎだったようだ

当時何気なく見てたたった十数秒のCMも裏話を聞くと面白い

でもこんな女の子や犬と楽しく仕事出来て羨ましい

なおウエラというメーカーはアメリカの香水メーカーだが

日本ではウエラジャパンとして製造販売していた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 80年代