80年代に憧れた高価だった光るナンバーのCM

      2018/06/04


自分が免許取得当時の1984年頃は

車に光るナンバープレートを付けるのに3万円くらい必要だった

初任給が10万円当時だから結構高価な物だった

元々ほとんど無料で手に入るナンバープレートに

わざわざ余分に高価なお金を払うのだから
当時はお金持ちが乗るようなクラウンやソアラ等の高級車によく付いていた

知り合いの白の新車のGX71マークⅡにも付いていて

夜見るととても綺麗で憧れた、当時はまだ付けている車は少なかったし
その頃はナイトドライブが好きだったので

いつかは光るナンバーを付けた高級スポーツカーを買って

夜の神戸の港あたりで船の汽笛を聞きながら

こんな光るナンバーのCMにあるようなシーンをしたいとずっと憧れていた

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  


やっと1988年にソアラを手に入れた時に付けれることが出来た

とはいっても車自体が高価だったし

さらにナンバーに3万円も無かったので付ける気はなかったが

返納した元のナンバーが光るナンバーだったので

(付いてた土台は元の持ち主が外してしまったので)

陸運局に頼んで行ってもらった父が間違えて

スポンサード リンク

光るナンバーを取ってきてしまい土台が無いと封印出来ないと言われて

慌てて京都の八幡の解体屋に行って中古土台のみを買いに行って

前後の土台を5千円で手にいれた

しかし白の仕切りが無かったのでよく見ると薄く電球が見えている


まあでもようやく憧れの光るナンバープレートを付けれた

が、「なんでナンバーまで金を払って光らせるんだ」と

当時、TVやラジオのパーソナリティーなどに発言され
友人等からも時代遅れ、今の時代に逆にかっこ悪い

とか言われたが初めて見た時から憧れだったし

高級車には不可欠だと思っていたので

1988年に付けて以来ずっと光るナンバーにしている

1992年にようやく中古で買ったチェイサー3000アバンテGに

新品で付けた光るナンバープレートが付いていたので

ようやく電球が見えないまとまな物を手に入れる事が出来た

最近のLEDは明るくて本体も薄いみたいだけど

個人的には太い方が好きだしまあ買い換えるお金も無いので

自分のはまだ昔のままだ(^_^;)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 80年代の流行店