バブル時代の夢の跡 兵庫県

2000年開園だが昭和レトロな遊園地 神戸フルーツフラワーパークおとぎの国

投稿日:2016年11月6日 更新日:


1993年春に開園した神戸フルーツフラワーパーク

その横にある小さな遊園地

ここも同じく無料だから入ってみた

名称は神戸フルーツフラワーパークおとぎの国といういらしい

今は工事中みたいだ、何か増設するのかな

乗り物は9個あるようだ、9個しか無いとも言えるが・・

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

夕方5時までとはのんびりしていかにも昔の遊園地っぽい

昭和世代には懐かしい小さな子供向けの遊園地のようだ

ツインドラゴン、唯一の絶叫マシンかな

懐かしいパンダカート

てっきり昭和に開業かなと思ったら

係員の人と話したら2000年の開業らしい

つまりフルーツフラワーパークの数年後に出来たようだ

15年しか経ってないとは思えないほど少し劣化しているような

スポンサード リンク

ひょっとして廃業遊園地の払い下げで作ったのかな

なんか阪神パークあたりで見たような遊具だが

こっちのジェットコースターはほぼ平らで1周も短い

これは山の上などでよく見た空中サイクルかな

2000年に新設した遊具とは思えないが・・

急流すべりも小さな子供向けなので直下降は無く平らなコース

大人1人だとバランスが悪いと説明していた

お客が子供1人でも動かすみたいなので大赤字かも(^_^;)

遊園地の定番のメリーゴーランド、これも一人しか乗ってない

誰にも乗られず止まったままのもあるが

スポンサード リンク

無料だから小さな子供を遊ばせるならいいかもしれないが

多分採算は取れてないと思うので

そう長くはやらないかも

昭和世代には懐かしくほっとする場所だけど

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

-バブル時代の夢の跡 兵庫県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

80年代のバブル期にあった海岸沿いのカフェ、ウェザーリポートの跡地へ 神戸舞子

80年代からバブル時代に 兵庫県神戸市の舞子浜にあったカフェレストラン 「ウェザーリポート」 80年代当時は神戸のお洒落な海の見えるカフェとして 恋人たちのドライブデートスポットとして大人気で 週末は …

80年代によく歩いた立ち退きの危機のモトコー商店街へもう1度

1980年代によく行き歩いた元町高架下商店街、通称モトコー商店街 元々戦後の闇市から発展した高架下の商店街で7つのブロックに分かれている 中古家電などの骨董品や昔ながらの洋服屋、古着屋、ディスカウント …

超巨大テーマパークだった六甲アイランドAOIAは1年余りでバブルのように消えた

六甲アイランドはポートアイランドに続く第2の神戸海上文化都市として 80年代初めに作られた人工島で その大きさは約580万平方メートル 自分が免許取得直後の1985年頃はまだ住宅がなく何もなかったが …

80年代、バブル時代に神戸ポートアイランドにあったエキゾチックタウンの跡地へ

1980年代から1990年代のバブル時代 当時神戸ポートアイランドに来た時によく行ってた エキゾチックタウンというカフェレストラン 調べるともう今は無いとの事だが 場所的に見るとここなのだが、角にあり …

バブルのように消えた超巨大テーマーパーク六甲ランドAOIAの跡地へ

兵庫県神戸市東灘区の六甲アイランドは ポートアイランドに続く第2の神戸海上文化都市として 80年代初めに作られた人工島だ 同県神戸市のポートアイランドにあるポートピアランドのように 島の南端に超巨大レ …