バブル時代の夢の跡 兵庫県

バブル時代の夢の跡?広大な施設に人は疎らの神戸フルーツフラワーパーク

投稿日:2016年11月6日 更新日:


車のオフ会で神戸フルーツフラワーパークへ

行くまではてっきり昔よく行った加西フラワーセンターだと思っていたが

初めて来る場所だった

入園料、駐車場は無料

数年前に来た人によると

以前は各500円で1000円行ったようだが

現在は無料になったようだ

駐車場はかなり広く1500台分ある

後で調べると

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

ここは1993年に開園された

神戸市の委託を受け「株式会社神戸ワイン」が行っていたようだが

おそらく経営不振な為経営がかわったようだ

それでも多分公共なのではと思う

〒651-1522
神戸市北区大沢町上大沢2150

資料によると

六甲山の北、のどかな田舎風景の中に中世のヨーロッパを再現した

神戸ルネッサンス城を中心に華やかなパークが広がる

都市と農村がふれあうユニークなテーマパークとある

1993年ならまだバブルが弾けたという実感は無く

まだテーマパークで人を呼ぼうという時代だったかも

六甲アイランドにあった巨大テーマパーク AOIAも1992年に開業だった

超巨大テーマパークだった六甲アイランドAOIAは1年余りでバブルのように消えた

10時半頃に到着したが大きな駐車場はまばら

豪華な入り口なようだが屋根はやや禿げている

横にはチープな遊園地が

豪華な入り口ゲート

かつての入場料は500円だが今は無料

中に入るとかなり広い敷地だ

ヨーロッパのお城を思わせる建物はホテル

1995年のパンフでは華やかな感じだが

敷地の奥にあるので到着までかなり歩かなければいけない

中央部を囲むように屋根の通路がある

スポンサード リンク

鯉のおやつの自動販売機は故障中

ホテル内は綺麗で豪華

ゲームがあったが2台とも故障中

現代版のエアーホッケー

スポンサード リンク

これはホテルのプール

当時の案内マップ

以前はテーマ館やブランデービール館が開業していたようだが

今は入れないみたい

こんなオブジェがあったようだ

img_2581

ゴーカートは廊下に置かれていた

1週1.2kmもあり、関西最大級を誇る本格ゴーカートコースらしい

フェラーリ250GTみたいでかっこいい

チューチュートレインはどこで走ってるんだろう

冬の今の時期は5時を過ぎると中央広場はイルミネーションが光るようだ

入場料1000円はいるが

ここは犬も入れるようで犬連れの人がたくさんいた

日曜日の秋の行楽にこの人出では経営的にどうなんだろう

次は外の遊園地を見学に

2000年開園だが昭和レトロな遊園地 神戸フルーツフラワーパークおとぎの国

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

-バブル時代の夢の跡 兵庫県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

80年代のバブル期にあった海岸沿いのカフェ、ウェザーリポートの跡地へ 神戸舞子

80年代からバブル時代に 兵庫県神戸市の舞子浜にあったカフェレストラン 「ウェザーリポート」 80年代当時は神戸のお洒落な海の見えるカフェとして 恋人たちのドライブデートスポットとして大人気で 週末は …

80年代、バブル時代に神戸ポートアイランドにあったエキゾチックタウンの跡地へ

1980年代から1990年代のバブル時代 当時神戸ポートアイランドに来た時によく行ってた エキゾチックタウンというカフェレストラン 調べるともう今は無いとの事だが 場所的に見るとここなのだが、角にあり …

バブルのように消えた超巨大テーマーパーク六甲ランドAOIAの跡地へ

兵庫県神戸市東灘区の六甲アイランドは ポートアイランドに続く第2の神戸海上文化都市として 80年代初めに作られた人工島だ 同県神戸市のポートアイランドにあるポートピアランドのように 島の南端に超巨大レ …

超巨大テーマパークだった六甲アイランドAOIAは1年余りでバブルのように消えた

六甲アイランドはポートアイランドに続く第2の神戸海上文化都市として 80年代初めに作られた人工島で その大きさは約580万平方メートル 自分が免許取得直後の1985年頃はまだ住宅がなく何もなかったが …

2000年開園だが昭和レトロな遊園地 神戸フルーツフラワーパークおとぎの国

1993年春に開園した神戸フルーツフラワーパーク その横にある小さな遊園地 ここも同じく無料だから入ってみた 名称は神戸フルーツフラワーパークおとぎの国といういらしい