80年代 バブル時代

バブル時代の憧れのとんかつ専門店 大阪市船場 とんすけ 昭和レトロな店内で復活

投稿日:2014年6月20日 更新日:


自分がまだ新入社員の頃1987年(昭和62年頃)

得意先の接待で社長と共に昼食に連れて行ってもらった
当時大阪の商売の町、大阪市船場にあったとんかつ屋

「船場とんすけ」というとんかつや専門店で

近くには南久宝寺町問屋街があり

かなり混んでいて絶えず客が回転している忙しい店だった

自分が生まれて初めて見た1000円を超えるとんかつ定食
さらにいろんなカツの種類があるしポン酢で食べる?
今は物の価値や値段設定がわからなくなってきている時代だが
それまでは食堂やレストランで6~700円のとんかつ定食しか見た事なかったので
この値段のトンカツ定食はカルチャーショックだった
これが業者のお金で食べさせてもらう接待というものかと感動した
確か1500円くらいのもを食べたと思う
柔らかい肉でとても美味しかった
昭和62年当時は10万の月給しかなかったから

とても自分の金では食べられないと感じた(・_・;)

その後は知人のお金持ちの薬剤師の方が食べたいと言うんで

おごってやるから連れて行ってくれと1度来たが
80年代、平成元年以降はバブル真っ盛り

入居していた古いビルが地上げされ建て替えられいつのまにか

所在がわからなくなってしまい長らく遠ざかっていたが

また食べたいなどこに移転したんだろうとたまに思い出してた

東成区近くを散歩してたら会社近くにあることがわかり

20年ぶりくらいに行ってみた

以下紹介文

とんかつ・洋食
センバトンスケ
船場 とんすけ

住所: 大阪府大阪市東成区玉津2-17-15
最寄駅: 地下鉄千日前線今里駅から徒歩5分
TEL: 06-6977-7007
FAX: 06-6977-7007

長らく船場で商売を続けてきた”とんすけ”。
先代の屋号と味をそのまま受け継ぎ、現在の地で頑張っています。
素材は鹿児島産の高級豚を、その日使う分だけ仕入れるというこだわりを持って、

吟味した物。
加えて植物油を100%用いた秘伝の調理を施します。
食感は箸で切れる程やわらかくてジューシー。
自家製ポン酢にからめると、

油を使った料理だとは思えない程の口当たりのよさが体験できます。

お出迎えはアンティーク調度と’60年代ポップスが流れる優しいムード。
また来たくなる店、”船場とんすけ”とよろしくお願いします。

引用先は下記

http://osaka.townclip.com/shop/7992/

今里ロータリーから鶴橋駅へ向けて行った道路沿いにある

スポンサード リンク

当時とほぼ値段は変わってない

今見るとなんだ大したことないじゃないかと言われそうだが
自分が20歳そこそこの時の昭和62~3年の頃は

1500~2000円の昼食はとんでもなく高く感じた(^_^;)、

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

昔あった場所の大阪市中央区船場は大阪の商売のメッカの地なので
昼食時はサラリーマンが絶えず回転出入りして忙しい店内だったが
今は駅から遠く離れた住宅街で夕食事のみの営業で
建物は古いし60年代ポップスが流れ静かで

やや昭和レトロっぽい雰囲気にしてある

待ってる間少し当時の話をしてみた

聞けば体を悪くされ無理が出来なくなったとこで

今は昼時は無理なので夕食時だけやってるそうだ

ロースカツ定食

味は肉が柔らかくて美味しい、当時と変わらぬ味だと思う

まだポン酢は食べたことないが1度食べてみたい

が、残念ながらここも2014年8月末で閉店してしまった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます パワートロンDXでの入浴法のデトックス(解毒)作用とは マイナスイオンの作用とぶくぶく出る気泡の攪拌作用により 毛穴の皮脂腺から通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それは単にスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

  スポンサード リンク

-80年代, バブル時代

執筆者:


  1. 1982年入社組 より:

    入社1年目の頃、アベチカにあったとんかつ屋さんに
    給料日になると行ってました。
    有名なKYKではなく、「サルハー」と言うお店
    だったと記憶しています。
    web検索しても、サルハーの名前は出てきません。
    記憶違いなのかもしれません。
    懐かしい思い出です。

1982年入社組 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1987年公開の映画 シャコタン☆ブギのロケ地巡り 福井県敦賀市へ

シャコタン☆ブギはヤングマガジンで1986年から連載された漫画で 当時女子に人気だった女子大生ホイホイと言われた高級スポーツカー トヨタソアラを親に買ってもらった高校生の ハジメと後輩コージの2人がこ …

バブルのように消えた超巨大テーマーパーク六甲ランドAOIAの跡地へ

兵庫県神戸市東灘区の六甲アイランドは ポートアイランドに続く第2の神戸海上文化都市として 80年代初めに作られた人工島だ 同県神戸市のポートアイランドにあるポートピアランドのように 島の南端に超巨大レ …

バブル時代、トレンディドラマだった東京ラブストーリーのロケ地 愛媛県 梅津寺駅へ

愛媛県松山に来たついでに行ってみたい場所はやはりバブル世代としては あの1991年にトレンディドラマとして一世を風靡した 東京ラブストーリーのロケ地、梅津寺駅へ 鈴木保奈美と織田裕二の恋愛ドラマの最終 …

バブル時代真っ盛りに行われた大阪万博 EXPO’90 国際花と緑の博覧会 鶴見緑地 1990年

大阪市鶴見区にある鶴見緑地で1975年の大阪万博に続いて 1990年、バブル時代真っ盛りに花の万博 EXPO’90  国際花と緑の博覧会が開催された 元々鶴見緑地は昔から巨大な緑地帯だった …

バブル世代、IT世代、団塊世代 それぞれの世代の食べ物ベスト10

先日見てちょっと釘付けにされたテレビ 3つの世代に分けてそれぞれ流行った食べ物の時代の話をする 胸キュン!ジェネレーション天国 再放送だったが ■司会  今田耕司  中村仁美(フジテレビアナウンサー) …




[instagram-feed]