バブル時代の憧れのとんかつ専門店 大阪市船場 とんすけ 昭和レトロな店内で復活

      2018/05/27


自分がまだ新入社員の頃1987年(昭和62年頃)

得意先の接待で社長と共に昼食に連れて行ってもらった
当時大阪の商売の町、大阪市船場にあったとんかつ屋

「船場とんすけ」というとんかつや専門店で

近くには南久宝寺町問屋街があり

かなり混んでいて絶えず客が回転している忙しい店だった

自分が生まれて初めて見た1000円を超えるとんかつ定食
さらにいろんなカツの種類があるしポン酢で食べる?
今は物の価値や値段設定がわからなくなってきている時代だが
それまでは食堂やレストランで6~700円のとんかつ定食しか見た事なかったので
この値段のトンカツ定食はカルチャーショックだった
これが業者のお金で食べさせてもらう接待というものかと感動した
確か1500円くらいのもを食べたと思う
柔らかい肉でとても美味しかった
昭和62年当時は10万の月給しかなかったから

とても自分の金では食べられないと感じた(・_・;)

その後は知人のお金持ちの薬剤師の方が食べたいと言うんで

おごってやるから連れて行ってくれと1度来たが
80年代、平成元年以降はバブル真っ盛り

入居していた古いビルが地上げされ建て替えられいつのまにか

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

所在がわからなくなってしまい長らく遠ざかっていたが

また食べたいなどこに移転したんだろうとたまに思い出してた

東成区近くを散歩してたら会社近くにあることがわかり

20年ぶりくらいに行ってみた

以下紹介文

とんかつ・洋食
センバトンスケ
船場 とんすけ

住所: 大阪府大阪市東成区玉津2-17-15
最寄駅: 地下鉄千日前線今里駅から徒歩5分
TEL: 06-6977-7007
FAX: 06-6977-7007

長らく船場で商売を続けてきた”とんすけ”。
先代の屋号と味をそのまま受け継ぎ、現在の地で頑張っています。
素材は鹿児島産の高級豚を、その日使う分だけ仕入れるというこだわりを持って、

吟味した物。
加えて植物油を100%用いた秘伝の調理を施します。
食感は箸で切れる程やわらかくてジューシー。
自家製ポン酢にからめると、

油を使った料理だとは思えない程の口当たりのよさが体験できます。

お出迎えはアンティーク調度と’60年代ポップスが流れる優しいムード。
また来たくなる店、”船場とんすけ”とよろしくお願いします。

引用先は下記

http://osaka.townclip.com/shop/7992/

今里ロータリーから鶴橋駅へ向けて行った道路沿いにある

スポンサード リンク

当時とほぼ値段は変わってない

今見るとなんだ大したことないじゃないかと言われそうだが
自分が20歳そこそこの時の昭和62~3年の頃は

1500~2000円の昼食はとんでもなく高く感じた(^_^;)、

昔あった場所の大阪市中央区船場は大阪の商売のメッカの地なので
昼食時はサラリーマンが絶えず回転出入りして忙しい店内だったが
今は駅から遠く離れた住宅街で夕食事のみの営業で
建物は古いし60年代ポップスが流れ静かで

やや昭和レトロっぽい雰囲気にしてある

待ってる間少し当時の話をしてみた

聞けば体を悪くされ無理が出来なくなったとこで

今は昼時は無理なので夕食時だけやってるそうだ

ロースカツ定食

味は肉が柔らかくて美味しい、当時と変わらぬ味だと思う

まだポン酢は食べたことないが1度食べてみたい

が、残念ながらここも2014年8月末で閉店してしまった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 80年代, バブル時代