バブル時代、トレンディドラマだった東京ラブストーリーのロケ地 愛媛県 梅津寺駅へ

      2018/05/27


愛媛県松山に来たついでに行ってみたい場所はやはりバブル世代としては

あの1991年にトレンディドラマとして一世を風靡した

東京ラブストーリーのロケ地、梅津寺駅へ

鈴木保奈美と織田裕二の恋愛ドラマの最終回のロケ地となった駅である

もう20年前になるが海の見えるここ梅津寺駅で

鈴木保奈美が駅の柵にハンカチを結びつけた

放映後も「この駅の切符を持っていると素敵な出逢いに恵まれる」

という都市伝説が生まれたらしいから来訪者が後を絶たず、

真似てハンカチを柵に結びつけて行くらしいが

まあどこかの聖地のように重い鍵なら倒壊の恐れもあるが

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

ハンカチなら軽いから・・

駐車場に車を止め

あの駅か

伊予鉄道高浜線

IMG_1024

無人駅かと思ったら有人駅か

う~んせっかく来たから金払って入って見てもいいかと考えたが

スポンサード リンク

まあ外からでも見えるので(^_^;)

ここに鈴木保奈美と織田裕二が立ってのか

案内板はあれか

ハンカチも今はもうそう多くはないか

静かに波の音がするサンセット

バブル時代・・いい時代だったな

自分は「東京ラブストーリー」のドラマ自体は

ワイドショーで話題になってから見たので

見始めた頃はもう後半の方だったので全編を通してみたのは再放送からだ

特に金持ちの坊っちゃん役の江口洋介が乗り回していた

左ハンドルのブルーメタのスープラがかっこ良かった

最初の挿入歌では違う赤いスープラなのが謎だけど

当時は走ると小田和正の「ラブストーリーは突然に・・」が心の中で流れた(^o^)

近くに砂浜がある

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 80年代, バブル時代