ドライブインシアター関西 昭和レトロなびわ湖パラダイスに併設されていたトワイライトクルーザー

      2018/09/02


1990年代に滋賀県大津市にあったドライブインシアター、

トワイライトクルーザー

1998年に閉館したびわ湖パラダイスが案内板に載ってる

トワイライトクルーザーの入場者は

隣のびわ湖パラダイスに2人まで入場が無料なので

関連企業なのか

びわ湖パラダイスの遊園地や温泉、プール、食事も同時に楽しめる特典付き

昭和時代に大レジャー施設だったびわ湖パラダイス 滋賀県大津市

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

そしてそのびわ湖パラダイスに隣接するびわ湖のトワイライトクルーザーは

びわ湖に浮かぶ船に見立てた17メートル✕7.2メートルのスクリーンからは

大型観光船の行き来が横から後ろから見えるのでまさにトワイライトクルーザー

スポンサード リンク

トラックからの映写やマイクロバスの売店がちょっと変わっている

入場の入れ替えが無いのでさらに映画を満喫出来たようだ

120台収容で車1台3500円、

入会費3500円で会員になれば1回無料券が付いて2500円で見れる

ラジオレンタル料は300円

 他に大津プリンスホテル前の大津MOVIXや長浜楽市にもあったようで

共に1人1600円、2人以上で3200円とやはり多人数の方がお得のようだ

そんなバブル時代に2人だけの映画館になったドライブインシアターも

レンタルビデオなどの普及のせいかいつの間にか姿を消していき

今ではその姿はほとんど見られなくなった

本場の映画館自体も衰退して閉館に追い込まれてるのだから仕方無いか

それにエンジンかけっぱなしでは今の時代だと

環境団体から抗議を受けるかもしれないし

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 80年代の流行店