Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バブルのように消えた超巨大テーマーパーク六甲ランドAOIAの跡地へ

      2018/08/15


兵庫県神戸市東灘区の六甲アイランドは

ポートアイランドに続く第2の神戸海上文化都市として
80年代初めに作られた人工島だ

同県神戸市のポートアイランドにあるポートピアランドのように

島の南端に超巨大レジャーランドの六甲ランドアオイアがあったが

あの1995年1月17日に発生したあの阪神大震災によって

甚大な被害を受けわずか2年で終わってしまった

開業時には夜にはイルミネーションキラキラだった

超巨大テーマパークだった六甲アイランドAOIAは1年余りでバブルのように消えた

その六甲ランドAOIAに閉鎖16年後に行ってみた

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

震災後もしばらくは建物自体は現存してたみたいだが

1996年の段階では休業中となっている

結局修復には多大な費用がかかりまたバブル崩壊後の不況で

テーマパーク運営は今後の見通しも良くないと判断されたか

結局、すべて解体撤去更地になった

開業後2年余りの営業期間だった

開業時は1200台止める事が出来た広大な駐車場は

かなり縮小されたがその有料駐車場に車を止め

海岸沿いはマリンパークとして未だ現存している

入り口

ここは震災前からある建物、雑貨カフェは今でも営業中

遊歩道沿いの海を眺めながら食事やカフェが出来るオープンカフェもある

かつてはチャイニーズレストランTEI・TE(テイ・テ)だったようだ

この後ろがアオイア跡地

かつてはキャナル(運河)のある遊園地として

運河内に船もたくさん係留し走っていて

5つのゾーンを結ぶキャナルクルーザーが運行し

キャナル&ロックと呼ばれていた

13万5000平方メートルの広大な敷地にあった巨大テーマパークに

スポンサード リンク

カフェ、レストラン、スペースニアショップなどが立ち並んでいた

開放的なカーニバルプロムナードのオーシャンデッキなどが・・・

何もない原っぱになっている

あの運河はどこへいったのかシーバス乗り場跡

シーバス乗り場、

アオイアがあった頃のような華やかさはもう無い
2階の屋上にも上がれるようになってるので

2階の屋上に上がって見てみる下に見える草地は多分はね橋跡、水路は埋め立てられている

海岸沿いを散歩出来る遊歩道はマリンパークとして

現在も当時と同じ海を見ながら散歩出来る

がかつては後ろを振り返ると

たくさんの人々の声とレジャーランドの音が存在した空間

超巨大なレジャーランドアオイアはもう無い

夜にはイルミネーションキラキラだったのに

スポンサード リンク

本当にアオイアの跡は何もない、

あの運河の水を撤去するだけでも大変だっただろう

海に流したのかな?

現在は1/3の敷地は大学に利用されてる

まさに蜃気楼のように現れ消えていった六甲ランドAOIA

あの入場口から見たキラキラした施設は綺麗だった

当時の六甲マリンパークの震災被害を知らせる看板

(訪問は2012年)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - バブル時代, バブル時代の夢の跡 兵庫県