80年代の流行店 バブル時代

80年代のバブル時代にあった海岸沿いのカフェ ウェザーリポート 神戸 舞子

投稿日:2015年5月21日 更新日:


車の免許を取った1984年の学生時代に神戸の友人に教えてもらった

兵庫県 神戸の舞子にあったカフェレストラン

「ウェザーリポート 」 直訳すると天気予報という意味だが

国道2号線の海岸沿いにあり、海の見えるカフェレストランということで

80年代のオシャレなデート場所として関西では有名だったとこだ

80年代を20代で過ごし京阪神で行動した人なら聞き覚えがあると思う

当時は神戸にあるということもあってとてもおしゃれに感じた

只、よく前は通るものの2回しか行ったことがない

結構飲み物でも値段は高いけれどいつも長蛇の列だった

長蛇の列といっても海側の席でなければ空いているのだが

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

やっぱりみんなこに来た以上海側でのカフェをしたがるので

そこに座ろうとする人たちでは混んでしまい休日は列となる

今ではそう珍しくないかもしれないが当時は一頭おしゃれに感じた

残念ながら当時は今のようにスマホなど撮影器具を

普段持ち歩く習慣はなかったので写真が残っていない、

当時はカメラを持って歩くのは旅行に行く時とか

よほどのカメラ小僧でもない限りカメラは持っていかなかった

まあそれに当時は都会の洒落た店内でカメラを持っていたり撮っていると

田舎者みたいでカッコ悪いという変なプライドもあったかも・・(^_^;)

この動画の4分以降に貴重なウェザーリポートの映像が!

これは凄い映像だ(´∀`)

記憶としては白い建物で当時としては外国の建物のようなイメージだったような

ただ当時はギャルとの甘いデートコースを考える参考書として

いろいろ本を買っていたのでまだそれが残っていて

その中にウェザーリポートももちろん紹介されてた

キラキラ輝く海と淡路島を見ながらのカフェをする

イメージとしてはこんな感じで

海辺の駐車場に車を止め

150席あるテラスと、海側の窓辺に設けられた450席のカウンター

昼、夜、2人の雰囲気に合わせて

感じるのは風と海、弓なりの水平線を眺め

 柴田恭兵のべっぴんの町という映画にも少し登場する らしい

自分が行ったのは冬ばかりだったのでオープンテラスには行ったことはないが

店内の海側の席でも充分堪能出来る

夏なら杉山清貴&オメガでも聞きながら♪~

当時は杉山清貴&オメガドライブ後の

スポンサード リンク

カルロス・トシキ&オメガドライブなどをよく聞いていたので

こんな海に似合う曲を聞きながら高級スポーツカーの助手席に

彼女を乗せ行きたいなといつも思ってたのが懐かしい

80年代はまだ車にステイタスがあり

スポンサード リンク

男は皆、かっこいい高級スポーツカーに憧れた

1990年頃の神戸国際観光協会の神戸物語

1989年のホテルシェレナ(1995年の震災で廃業)

のパンフレットにも

ウェザーリポートが載っている

スポンサード リンク

当時は各ショップのマッチのデザインも凝っていた

ウェザーリポートのマッチ

六甲にも「ウェザーリポート六甲」としてあったようだ

海のイメージの舞子店と違ってシックな雰囲気らしい

2階建てで1階がカフェレストランで2階がバーになっていた

さらに六甲山の奥池にもウェザーリポートがあった 

コンテナ型のカフェで夜9時には閉まってしまうらしい

この国道2号線辺りの海岸線にはウェザーリポートの他にも

オシャレな店がいくつかあったが

明石海峡大橋の建設前後?に埋め立てされいつのまにか無くなってしまった

最後に行ったのが1989年の冬だがいつ無くなったのはわからない

2015年に跡地を訪ねてみた

80年代のバブル期にあった海岸沿いのカフェ、ウェザーリポートの跡地へ 神戸舞子

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

-80年代の流行店, バブル時代

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

80年代、バブル期に流行った巨大迷路 グランメイズ ランズ・ボローメイズ

滋賀県八日市のブルーメの丘に行った時に 80年代、バブル世代には懐かしい物があった 80年代、バブル時代の遺物の巨大迷路、 滋賀農業公園ブルーメの丘 〒529-1628 滋賀県蒲生郡日野町西大路843 …

80年代バブル時代の創業の豪華でレトロなやしま第一健康ランド 香川県

香川県の高松港付近にあった 昭和レトロっぽい感じの健康ランド やしま第一健康ランドへ 有名な源平合戦の地の屋島の麓だ 屋島山上も昭和レトロな物が残ってるらしいので 登ろうとしたが山上に行く屋島ドライブ …

バブル時代、阿倍野再開発の先陣をきってオープンしたあべのベルタ そごうホップの現在は祭りのあとの様

天王寺、阿倍野周辺といえばJRの大阪環状線や近鉄沿線、 南海線、南海阪堺線、地下鉄の路線が集中し、 駅周辺は近鉄百貨店や地下街のショッピングセンターや 古くからある映画館などの繁華街に 近くには市立美 …

バブル時代、トレンディドラマだった東京ラブストーリーのロケ地 愛媛県 梅津寺駅へ

愛媛県松山に来たついでに行ってみたい場所はやはりバブル世代としては あの1991年にトレンディドラマとして一世を風靡した 東京ラブストーリーのロケ地、梅津寺駅へ 鈴木保奈美と織田裕二の恋愛ドラマの最終 …

80年代にあった箕面のお洒落なカフェレストランサンタモニカ、ウエストウッドの跡地へ

1980年から1990年代前半のバブル時代にかけて 北摂エリア箕面の新御堂筋沿いには80年代当時としては 綺麗でお洒落なカフェレストランが一杯あった 特に新御堂筋の終点を過ぎた箕面の何も無い田舎町に …