Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バブル時代の回顧

1980年代から1990年代のバブル時代の事を書いて行きます

1980年代の箕面にあったお洒落だったカフェレストラン サンタモニカ ウェストウッド

      2018/06/30


自分が車の免許を取った1980年代半ば当時

北摂エリア、箕面の新御堂筋沿いには

お洒落なカフェレストランがたくさん存在し
1980年から1990年代前半のバブル時代にかけて当時はよく通った

特に新御堂筋の終点の箕面の何も無い田舎町に

キラキラと輝くアメリカのウェストコーストのような

カフェレストラン、サンタモニカやウェストウッドなど

特に夜は何も無い真っ暗で静かな田んぼ道の道路脇に

アメリカンナイズされたカフェレストラン、カフェバーが

ライトアップされそびえ立ち闇夜にきらめいて

とても綺麗で洒落た建物が目立ちまるでハリウッドの街のようで

スポンサード リンク

当時は一等おしゃれな空間で良くこの辺りに来た

当初はピレーネとサンタモニカがあるだけだったが

1番手前の角にピレーネというカフェがあった

ここは新御堂筋沿いのオシャレなカフェレストランの元祖と言われる

80年代当時としては新感覚のカフェバーだったようだ

80年代に再びブームになったビリヤードのプールバーもあった

そのピレーネの隣にあったサンタモニカ、

まるでアメリカのウェストコーストのようで星条旗がはためく

ここがあったせいでピレーネには行かずここが1番来た

山が近い田んぼのばかりの田舎の箕面市にあるが気分はまるでシーサイド

外観も白で、椅子やテーブル、カウンターまで

全て白で統一されたインテリアでとてもオシャレなカフェレストランだった

気分はロスアンゼルス?

スポンサード リンク

その前の少し後から出来た(1988年頃?)ウエストウッド

ここもアメリカンしていた

当時は田んぼばかりで周りに何も無かったので闇夜に派手な建物が浮かんでいた

こんな車で乗り付けたい、1950sのアメリカンな世界だった

ピレーネとサンタモニカの間に出来た山田126

などお洒落でアメリカンなカフェレストランがあった

そして新御堂筋のどん突きにはこれも後からだが

アミューズメントビル、DーLIVEがあった

スポンサード リンク

オシャレなバーや雑貨屋が入っていた

レストラン ラ・トゥール

コンクリート作りの凝ったデザインだった

自分が行ったのはサンタモニカとウェストウッドだけだが

当時はとても綺麗でオシャレなカフェレストラン達で

見てるだけでも夜景を見てるように優雅な気分になった

近くの伊丹空港の飛行機が真下に通るとこもデートコースのひとつだった

2016年に跡地を訪ねてみた

80年代にあった箕面のお洒落なカフェレストランサンタモニカ、ウエストウッドの跡地へ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 80年代の流行店, バブル時代の夢の跡 大阪府 ,